悪玉コレステロールの上昇が原因|何ごともバランスが大切

シニアの男女

脳と体に良いとされる成分

魚

脳の老化を防ぐ

DHAとは、人間の体に必要とされている、いわゆる必須脂肪酸の事です。正式名称はドコサ・ヘキサエノイック・アシッドですが、ドコサヘキサエン酸という呼び方の方を耳にする方も多いでしょう。脳の老化を防ぎ、血液をサラサラにしてくれたりなど、人間の脳と健康に影響を与える重要な成分なのです。人間の脳にある脂質の4〜5%はDHAであり、更に脳の中での学習や記憶といった役割を果たす海馬には、かなりのDHAが存在しています。このように大変重要な役割を持っているDHAですが、実は人間の体内で作られることはほとんどないのです。よって、脳や健康の為には、食品などからDHAを積極的に摂取していくことが大切だと言えます。

主な摂取方法

主にDHAを多く含んでいると言えるのは、魚です。しかし魚なら何でも良いというわけではなく、種類によって含有量は大きく違ってくるので注意しましょう。DHAは必須脂肪酸と言うだけあって脂に含まれている成分なので、脂の多いこってりした魚を選べば良いのです。含有量が多い魚を例にあげるなら、サバやイワシといった青魚、サケ、ウナギ、マグロのトロの部分などがあります。また、魚のかぶと煮などで食べる機会のある目の部分、いわゆる眼窩脂肪には多くのDHAが含まれています。魚を毎日調理して食べるのが難しいのであれば魚の缶詰、またはサプリメントを利用すると良いでしょう。特にさんまの蒲焼やさばの味噌煮と言ったお馴染みの缶詰は、調理の手間が省ける上にDHAもしっかり含まれているので、理想的と言えます。